天理教里親連盟 「里親登録1500家庭」に向けて

 
立教182610

天理教里親連盟

            

天理教里親連盟は立教145年の里親会発会総会に始まり、3年後の立教185年に創立40周年を迎えます。幾多の先人たちが誠真実の心で、実の親に育ててもらうことが叶わない子どもたちに「安全・安心・温かい家庭」を提供し、教祖のひながたを頼りにおたすけ活動をすすめてまいりました。

近年、児童虐待の事例が後を絶たず、平成29年度の速報値として児童相談対応件数は13万件を超えました。国は子どもの権利を守るため平成28年児童福祉法を一部改正し、子どもの家庭養育優先が明記されました。この改正を受けて平成298月「新しい社会的養育ビジョン」が取りまとめられ、「家庭養育優先原則」を徹底し子どもの最善の利益を実現していくことを求めています。具体的には、「概ね7年以内(3歳未満は概ね5年以内)に乳幼児の里親等委託率75%以上」、「概ね10年以内に学童期以降の里親等委託率50%以上」の実現に向けて取り組むことがまとめられました。この厚生労働省の数値目標は現状からかなり高ものであり、各自治体担当部署も今後の計画作成に大変苦慮されています。その一つに里親を増やすことが挙げられています。

現在、里親連盟は平成297月現在で里親登録は594世帯を数えます。特徴として、信仰実践として里親活動に取り組むためか、行政の信頼も厚く約65%に子どもが委託されています(全国の里親委託率は約36%)。これはかなり高い数値であります。それは難渋たすけを実践されてきた先人たちの思いを受け継ぎ、現在に至る道の里親の養育力が認められている結果であります。

 そこで我々は養育者として求めてられている自覚を持って、私たち教祖の御教えを信じるお道の里親を増やす時であると、今年1月の里親連盟委員会で「里親登録1500家庭」を目指そうと決議しました。その後、225日の「教区里親会会長及び教区代表者会議」の席上、この旨を発表し、討議していただいたところ、教内には、里親連盟に未加入の里親が多くおられることから、その方々に連盟に加入していただくことを各教区里親会で働きかけることを第一点とし、その上で全国の教会数の約1割にあたる1500という数の里親登録を創立40周年の節目までに目指して歩ませていただきたいと誓い合わせていただきました。そして、大切な事は里親の数を増やすだけでなく、天理教里親子育てアプローチ(TFA)の普及活用により更なる養育力を身につけ、この取り組みが地域の子育てサポーターの役割を担うことを目指し、教祖のひながたを基にした「家族とは何か?」を社会に向けて問いかけていきたいと考えます。